弁護士紹介

経歴

関西大学法学部法律学科 卒業

2005年11月 弁護士登録(58期)勤務弁護士として執務
2007年3月 財務省近畿財務局勤務(任期付職員)理財部審査業務課に所属(金融証券検査官)
2009年6月 財務省近畿財務局を任期満了により退職
2009年11月 公正取引委員会勤務(任期付職員)審査局に所属(審査専門官(主査))
2013年3月 公正取引委員会を任期満了により退職
2013年4月 当事務所にて執務
2019年3月 公認不正検査士 登録

ご挨拶

約5年半、任期付職員として公務に従事してまいりました。
近畿財務局では金融証券検査官として多くの金融検査業務(預金取扱金融機関・貸金業等)に従事し、公正取引委員会では審査専門官(主査)として、多くの独占禁止法違反事件(カルテル事件・優越的地位の濫用事件等)の審査業務及び審判業務に従事いたしました。
監督官庁・規制官庁の内部で専門性の高い職務に従事した経験をもとに、皆様に一味違ったリーガルアドバイスをご提供させていただきます。

また、退官後は、金融法務や競争法関連を中心に、企業や個人の方が抱える取引上の問題に幅広く対応させていただいております。
昨今は「紛争が起きてから」ではなく、「紛争が起きる前」の対策が重要です。リスクを回避するのみではなく、ご依頼者のニーズを踏まえつつ、内在するリスクを回避しつつ当該ニーズを実現する方策をご提案させていただくことで、紛争を回避しつつご依頼者の企業戦略や経済的発展に助力させていただきます。
公務にて培った専門性と感性を武器にしつつ、ご依頼者が「前に進む」ために必要なリーガルサポートをご提供し、「共に」前進する弁護士でありたいと願っております。
是非、お気軽にご相談いただければと存じます。

所属団体

競争法実務研究会
独占禁止法実務研究会
日本CSR普及協会 近畿支部
大阪弁護士会 法教育委員会
大阪弁護士会 紛議調停委員会

取扱言語

日本語

著書・講演等

不当な取引制限 公益財団法人公正取引協会主催 平成26年度独占禁止法入門講座(2014/5)
ビジネスを促進する独禁法の道標・『総代理店契約と並行輸入の検討事項』 Business Law Journal No.77(2014/8)
「締結済みの契約の無効を前提とする、独禁法24条に基づく差止請求」 ジュリスト No.1477(2015/3)
不当な取引制限 公益財団法人公正取引協会主催 平成28年度独占禁止法入門講座(2018/5)
その他,下請法に関する企業内研修