弁護士紹介

プロフィール

中国律師

Jiang XingMin

大阪事務所 大阪弁護士会所属

- 重点取扱分野
国際商取引

経歴

1986年 研修医として日本研修終了後、中国病院勤務
1992年 中国放送局ディレクター
1994年 パナソニック中国現地法人社長補佐役、事業経営に参画
2001年 中国唐山市人民政府日本事務所 副所長、日本企業の中国事業をサポート
2008年 中国国家司法試験合格、弁護士登録
2012年 大阪市立大学大学院法学研究科 修了

ご挨拶

医者・ディレクター・企業経営・公務員・弁護士という分野の異なる経験がすべて現在に役立っていると言えます。日本企業の中国事業の成功を支援する弁護士としては、企業経営者の考え方や事業の目的を理解するには、過去のパナソニック勤務経験がとても役立ちます。また、中国行政機関内部の一員としての立場は内情を知っていることで日本企業の課題解決協力に役立ちます。もちろん医者とディレクターの知識はいろんな場面で役立つこともあります。

私は「トラブルを未然に防ぐ」ことをモットーにしています。企業経営・法律・行政などすべての知識・経験と力を動員して日本企業の中国進出の成功をサポートしていきたいと思います。中国関連で何でもお気楽にご相談ください。

所属団体

現代中国法研究会

取扱言語

中国語 日本語

著書・講演等

中国中外合弁経営企業法の現状と課題 大阪市立大学法学雑誌60巻2号掲載
中国物権法の規範配置について(中国人民大学王軼教授の講演翻訳) 大阪市立大学法学雑誌60巻1号掲載